FC2ブログ

自然災害

こんにちは。

前回のブログで震災の訓練の事を書いたばかりでしたが、北海道では震災がありましたね。

今回の震災は大規模で、他人事ではなく、とても怖いですね。


震災に向けての避難訓練に、各個人が真面目に取り組むことは、大事です。

私は性格上、避難訓練はやって意味があるのかとか考えてしまいますが、個人が避難について具体的に考えて実際をイメージするなら、避難訓練はアリだと思います。

「よくわからんけど、今後も地震なんてたぶん来ないだろう」と思っているのは間違いですね。極論をいうと、OBさん達は今住んでいる家がもし崩れたらと考えて準備しておくことも必要です。(家の耐震や性能がどうのという話ではなくて。)


例えば、英語でもそうですが、日本ではみんな英語の勉強したはずなのになぜしゃべれないのかと思いますが、それは個人個人が話せるようになろうと思って取り組んでないからだと思います。
もし来年から海外に移住しなければならなければいけないなら、ペラペラにならなくても最低限の英語を話さざるを得ません。


それと似た話だと思いますが、「いずれは家を建てたいけどなかなか進まない人」は、家づくりをどこかボヤっと考えているのではないでしょうか。成り行き任せといいますか。

専門的な事はプロに任せるにしても、いつまでに入居したいかくらいは考えるべきと思います。春なのか、秋なのかでもいいと思います。あとはプロに逆算してもらって、それならいつ着工するか教えてもらえばいいだけです。


何かをやるために物事を具体的に想像して取り組むことは、家づくりだけでなく、全てに共通することですね。

ただ、英語を勉強したり、家を建てたりは、準備期間があり心構えができますが、地震に関してはそれが無いのが怖いですね。

災害が無い事が一番いいですが。

こんにちは。

今週日曜日は防災訓練に参加した方が多いかと思います。

中津川市内の訓練は9時ごろからですが、私の住んでいる地区は6時50分にサイレンが鳴りましたので、朝早くて大変でした。

その後は消防団の夏季訓練で座学を行い、午後から防火水槽や消火栓の確認を行い、終了でした。

訓練の座学では、

「自分、妻、母、長男、長女の5人家族で、
家にいるときに震度7の地震が起きた想定で、
日曜日の昼の2時頃にものすごい揺れが起き、
自分はリビングにいて無事だとして、
キッチンにいた妻は割れたコップの破片で足から出血して座り込んでいて、
寝室にいた母は呼んでも返事がなく、
2階の部屋にいた長男は「僕は大丈夫!」と叫び、
同じく2階の部屋にいた長女は「助けて!」と叫んだ。
その時あなたはどう行動しますか?」

等々、様々な状況での対処法を何パターンか勉強しました。

状況により、対処の正解は無いと思いますが、一番大事なのは慌てない事だと思います。

今リビングにいるとして、今地震が来たらどう動こうかな等と何となく考えるだけでも、動きは違うと思います。

家づくりと関係ないようで関係あると思います。


いつか訓練ではない事態が起こるとするなら、備えは必要ですね。

明日は見学会

こんにちは。

台風は過ぎ去り、明日明後日(8/25,26)の土日は見学会です。

7月の見学会に来れなかった方は、同じ建物が今月も見れますので。(恵那市桜台です。http://www.nikken-ltd.co.jp/event/

IMG_2007_convert_20180824111346.jpg
見学会では、家づくりの参考になる住宅雑誌を置いており、無料なのでぜひ参考にお持ち帰りください。(わざわざ書店で買うよりはお得です。)

また、家の話を聞いてみたいけどなかなか踏ん切りがつかなくて時間だけが過ぎてしまっている方は、見学会に来場していただき、打合せ(または話を聞くだけ)を申し込んでください。

何事も一歩目を踏まないことには始まらないからです。

家の押し売りはありませんので、お気軽にご来場ください。

住宅ローン

こんにちは。

住宅を建てる際、ほとんどの方が住宅ローンを組まれます。

住宅ローンで気になる事と言えば金利です。35年もローンを払っていくとなれば、金利は総支払金額に大きく影響します。


例えば、私は自宅を4年前に新築しました。

某金融機関で借入れ、10年固定金利を選択しました。その時は低金利と言われていて、借り入れ金利は1.55%でした。

しかしそれから2年後、金利はさらに下がり、10年固定金利は1%を切るくらいになりました。

しかし金利が下がっても、すでに借りてしまっている金利は下がりません。

だから高い金利で払うことが馬鹿らしくなり、他の銀行に借り換えました。

その時に借換えると、月々の支払が¥5,500安くなり、総支払額を230万円安くすることができました。

しかし家計的には住宅ローンが安くならなくても払っていけたので、5年間住宅ローンを短くして仮換えました。

その結果、月々の支払いが¥3,000高くなったのですが、期間を縮めた分金利が削られ、支払総額を約300万円安くすることに成功しました。


なぜこのような事が出来たかというと、タイミングです。私は金利がまだ高い時に借り入れたため、住宅ローン金利が底値になった時に借り換えをしたからです。

今から住宅ローンを組む方が考えなければいけないのは、「無意味に借り入れ時期を延ばさないこと」です。今後の金利は今の金利よりも少しづつ上がると考えられます。

「もっとゆっくり考えたい」、「もっとお金を貯めてから考えたい」という気持ちは分かります。

しかし金利が高くなった時に、「やっぱりあの時借りておけばよかった」と思っても遅いです。

金利が上がってから借り換えを検討しても、より高くなるだけで無意味です。

これから住宅ローンを組む方は、支払総額の事を考え、金利というものがいかに大きなものなのかを理解したうえで、家づくりを進めていただきたいと思います。

お盆休み

こんにちは。

お盆休みになりました。今日から休みの方がほとんどだと思います。

日建建設も11日から15日が休みとなりますので、宜しくお願いします。


お盆明けの予定ですが、8月25日と26日は、通常の完成見学会です。

その後、9月1日~平屋の予約見学会となります。予約してからご来場ください。

平屋の見学会を見る機会は少ないのでお勧めです。


前回のブログにも書きましたが、バルコニーや外壁などのお掃除は、夏にやっておくと冬が楽なのでお勧めです。

私もお盆休みはもう少し外回りを掃除しようと思います。

それでは良いお盆休みを。