平屋か、2階建てか。

こんにちは。

平屋の見学会を開催すると、平屋を希望するお客様が来場されます。

そして最近は、2階建ての見学会でも、平屋を希望する方が以前より増えたような気がします。

なぜ平屋を建てたいのかとお聞きすると、「老後を考えると階段が無い方がいいから。」という答えがほとんどのように思います。

永い先の事を考えると、正論だとは思います。

逆に、平屋希望だけど2階建てを建てる方にお聞きすると、「平屋は高いから。」という答えがほとんどです。

ネットで見たり、他社の見学会の情報でそう言われたからかもしれませんが、平屋は高いから建てないと言われる方は多いです。

しかし実際は、2階建てよりも平屋で建てた方が安くなる場合が多いです。(間取りが5LDK以上になると、また話は違ってきますが。)

平屋の方が結果的に安くなる理由は、平屋の方が坪単価は高いが、平屋にすることにより階段や廊下などの移動スペースが減り、全体の床面積が少なくなるからです。

さらに、平屋であるため、建物の大きさをこれ以上広げまいという意識が働くことにより、無駄なスペースを造らないことも理由の一つであると思います。

逆に2階建てで高くなる要素としては、1階の大きさに対してバランスを取るために2階の部屋を無駄に大きくしたり、2階にもトイレがいるのではないか等、坪数が大きくなる要素が出てきやすいからです。

平屋のメリットとしては、「動線が楽」「冷暖房効率が良い」「地震に強い」が主です。

2階建てのメリットとしては、「土地が広くなくても部屋数が取れる」「プライベートを分けやすい」などがあります。

もし、平屋で建てたいけど、やみくもに高くなるからという理由で平屋を検討しないのであれば、一度考えてみてもいいかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する