洋瓦の事

こんにちは。

お客様との打ち合わせで、色決めの段階において、屋根を洋瓦の赤色を希望される方は少なくありません。

赤一色なら色だけ決めれば良いですが、洋瓦だと混ぜ葺き(2、3色使う)を希望される方がほとんどです。

混ぜ葺きで3色決める場合にお客様が悩む要因は、3色混ぜた色のイメージがわかないということです。

瓦メーカーのホームページやカタログを見ても、数件の施工例の写真があるだけで、それでなんとかイメージします。

IMG_1843_convert_20180402103522.jpg
私は打ち合わせの際には、OBさんの施工写真を見ていいただき、イメージしてもらっています。

IMG_1842_convert_20180402103555.jpg
これは雪止めですが、絶対見えないのに花柄マークがついてて、製作のこだわりを感じますね。

淡い色の瓦の欠点は、凍害です。(瓦が水を吸い、凍って割れる)

中津川市は、瓦の凍害がない地域なので、淡い色の瓦を選ぶことができるので良いですが、北陸の方には南欧風の屋根はほとんどないはずです。

洋瓦の混ぜ葺きは、出来上がってみてどんな風になるかという楽しみもありますね。

屋根瓦に特にこだわらない方は、黒かコゲチャか銀黒が一般的です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する