FC2ブログ

仕上げ材

こんにちは。

内装に木を使った家にしたいという方は、多いです。

しかし、ログハウスのような全部が木の家は、嫌だと言う方がほとんどです。

木自体は自然素材なので、香りだったり、手触りだったりが、いいです。

しかし、木そのものがおしゃれなわけではなく、木をうまく使うことによって、

おしゃれになるんだと思います。


11月に現場見学会を行う家では、壁の一部に木を使っています。

CIMG4560_convert_20181030183427.jpg
素材は「レッドウッド」というもので、10年前はよく市場に出回っていましたが、

残念ながら今はありません。建て主さんの親戚の業者の、古い在庫品です。

目が細かく節が無い、柔らかい印象の木です。

木に含まれるタンニンにより、色を塗らなくても赤い色をしています。

木を使いたい人は、ぜひ見て参考にしてくださいね。
スポンサーサイト

今週は見学会

こんにちは。

今週末(10/27、10/28)の土日は、現場見学会です。

現場見学会は、完成を見たい方からすると、面白くも無いと思います。

しかし、実際にこれから家を建てる方は見るべきものです。

ご自分の家が建築中とだと、建築途中も見るわけですので、

現場を見学してみると疑問や聞きたいことができてくるかもしれません。

まだ現場見学会を見たことない方は、ご来場お勧めします。

今回は、恵那市武並町の会場です。
地図です

見学会場の案内です

今年の秋

こんにちは。

最近は寒くなってきましたが、少し暑い日もあり、体調には気を付けたいですね。

秋なので、実家の柿の木には沢山柿がなっていますが、今年はとても多いようです。

IMG_2166_convert_20181022182845.jpg

熟れて地面や道路に落ちると汚いので、柿を全部取ってくれと親に頼まれました。

たまには、親の手伝いとしないといけません。

IMG_2167_convert_20181022182911.jpg

頑張って取りましたが、取っても取ってもあまり減ってないような気がして、

続きは次の休みにやることにしました。


建築にたずさわるお仕事をしていると、この木を切ったら使えるかなあとか考えてしまいます。

柿の木は、子供の頃に登りましたが、折れやすい印象があります。

建築材料として使われることはとても少ないですが、

机や食器などの工芸品として使われることはあります。

床材やカウンターに使ったとしても、変形しやすかったり割れたりして、

使いやすくはないと思います。

個性的な柄はしていますが。やはり工芸品向きですね。


無垢のフローリングを希望される方は、パイン材か杉材が多いです。

あまりコストが掛からない事と、柔らかく足触りが良いからです。

家づくりをする際、無垢材を希望する方は、どんな木目なのかを気にされます。

模様ももちろん大事ですが、どんな特徴があるかを知ることは、住むうえで大事ですし、

なにより家づくりがより楽しくなるかもしれませんね。

旅行に行きました。

こんにちは。

家づくりとあまり関係ないですが、先日社員旅行に行ってきました。

会社で積み立てをして、年1回どこかに行きます。

今回は世界自然遺産の知床です。

日本には世界自然遺産が4つありますが、知床はそのうちの一つだそうです。

知床にはヒグマ・キツネ・シカ・サケ・ドド・ワシ・フクロウ・クジラなどたくさんの生き物がいて、

自然遺産だから自然豊かなのは当然ですが、海や川や山にはゴミなどなく、とても綺麗です。

CIMG4377_convert_20181016154235.jpg
ヒグマ等の動物に対する恐怖も多少ありつつ、歩いて何か所かめぐりました。

IMG_9824_convert_20181016162534.jpg
知床はハードな場所でしたので、観光したい人には向いていない地でした。

訪れる方々も「世界遺産だから」と思いがあってゴミを捨てない、動物にエサを与えない、

等の意識が生まれるのだと思います。

建築職人さんが、「お客様の家だから」といって現場を綺麗にしたりするのと似ています。

何事も意識が大事なんですね。

IMG_9766_convert_20181016154300.jpg

自然は自然のままにしておくことが一番ですので、できることは保全募金くらいです。

いつかゆっくりと再来したい場所でした。

地面の補強

こんにちは。


家が建つには地面が必要です。

その地面が強いかどうかを調査することを「地盤調査」といいます。

地盤調査をした結果、「地盤補強の必要無し」なら、地面に直接家を建てる事ができます。

しかし結果が「地盤補強が必要」となれば、地盤を補強してから家を建てることになります。

当然その分の費用が余分に必要になります。大体60万~80万円程の費用がかかります。


CIMG4232_convert_20181002133300.jpg
地盤改良の様子です。


中津川市・恵那市は全体的には地盤が弱い地区ではありませんが、

調査の結果、地盤補強が必要になることも少なくはありません。


今回土地を購入された方も、地盤調査の結果、地盤補強が必要となりました。

地盤補強の費用が余分にかかるので痛いところですが、

この先の事を考えると、補強により、住むには安心できるので、安心と痛いで気分は複雑ですね。


家を建てる事は、非常に多くの要素が関係してきます。

地盤調査などは、家づくりの通過点、ただの作業にすぎません。

お金、地面、水、電気、法律、人間関係、、、、全てがうまくいって

ようやく家になるのですね。