火事は怖いですね

こんにちは。

もう年末ですね。ほとんどの方が今週で仕事納めです。

私は消防団に加入しているので、年末は夜間警備など3回ほど活動があります。

夜警は、担当区の事業所を夜に見回りをします。製材所などは薪ストーブを使用している場合が非常に多いですが、皆さんしっかりと消火してくれています。

先日のニュースで新潟の住宅火災がありましたね。ガスコンロの放置が原因のようですね。

東京外苑の展示物が照明が原因で燃えた事故もありました。

東京の事故では、LEDではなく白熱灯を用いた投光器を使用したことが原因と報道されていたと思います。

単純に、白熱灯は熱くなるので危険です。

実際に、照明器具が原因の住宅火災も意外と多いのです。

多い事例は、白熱灯を使用したダウンライトを収納に使用した場合の、布団や衣類からの出火が原因です。年間11件ほどあるそうです。

収納内に白熱灯の照明を用いている場合は、布団を高く積みすぎないようにするとか、とにかく荷物や衣類を照明に近づけ過ぎないことが大切です。

白熱灯は危ない、LEDは安全に思うかもしれませんが、そうでもありません。

LEDは、白熱灯のようなガラスからの出火ではなく、接続部分のショートなどが原因での火災事例が意外と多いです。

LED照明は長期使用しているうちに絶縁不良を起こし、過熱して火災に至ることがあります。10年を目安に交換するのが、本当は望ましいです。

LEDは電球部分自体が熱くならないので熱を発しないという誤解がありますが、それは光に含まれる熱が少ないだけで、放熱部から発する熱は少なくないです。


何が言いたいかというと、LEDだからと言って安心しないように、照明の近くに物を置かないというのは白熱灯と同じです。近すぎて熱がこもれば発火します。

また、LED電球の寿命が長いから照明器具を変えなくてもいいということはありません。

LEDはずっともつ物というのは、売り文句でしかないので、LEDであっても適切な時期での交換が必要なのです。電球は良くても長期使用による照明本体の劣化が、接続部や電線の接触部から発火させるからです。

火事が起きてからでは遅いので、念のためです。

スポンサーサイト

子供のプレゼントなど

こんにちは。

今週末はクリスマスですね。今年は雪が降るのが早いと多くの人が言っていた気がしますが、降りませんね。

クリスマスと言えば、プレゼントですね。うちは子供は3人ですが、下の子2人はサンタを信じています。

上の子は現在小6ですが、小4まで信じていました。しかし学校で友達にバカにされサンタはいないと分かったそうです。

妻は別として、プレゼント3人分は結構出費です。誕生日も含めると年間6回分プレゼントが発生します。2か月に1回の計算になります。

特にクリスマスは3人いっぺんに買うには結構きついです。長男はプレステ4を要求してきましたが、高すぎて、もちろん却下です。

おもちゃは流行りものですので型落ちとかないですし、おもちゃの安売りはあまり見かけません。

その後のお正月でも何かと出費がかさみそうです。

私は毎月のお給料からの貯金は、車や旅行など、用途別に分けて行っているつもりでした。

しかし今回、我が家はプレゼントの出費が意外と多いことに気づきました。

今年のクリスマスを教訓に、子供が小さいうちはプレゼント用に毎月少しでもいいので、貯めておこうと思いました。

そしてその予算内に納めるのも大事ですね。

お子さんの多いご家庭は、毎月の家計以外にも実際に子供にかかっているお金を見直してみるといいかもしれませんね。

お休み

こんにちは。

土曜日にお休みをいただき、長男のスポ少の試合に行ってきました。

静岡県清水市の体育館でしたが、北関東や関西などからも来ており、大きな大会でした。

IMGP4114_convert_20161219091928.jpg
結果は個人戦も団体戦も2回戦負け。強い相手と戦うのは、今後強くなるために重要ですね。

IMGP4083_convert_20161219091906.jpg
試合はトーナメントです。自分の順番が来るまでがとても緊張するそうです。

子供にとって普段の生活で緊張することは少ないと思います。

良い緊張を感じる事は子供の成長にとっては、とても重要だと思います。

そういう意味では、普段やっていることの成果を見せる場があるということは有難いですね。

家を建てるときの資金援助のコツ

こんにちは。

先日、人口減少の話をしましたが、そのせいかどうかは分かりませんが、実家の隣に家を建てるとか、実家の農地に家を建てる方が増えているそうです。

共働き世帯が多いことも関係しているんでしょうか。

実際、日建でも上記のような建て方をするお客様が増えている気がします。

なので、一つの統計を載せてみます。


◎家づくり検討段階では、子世帯から話を切り出すのがコツ。親も心の中では家づくりを応援しています。

・近居の8割は、子世帯から親へ話を切り出しており、近距離であるほど親は即賛成の傾向がある。

・親世帯の資金援助に関しては、親への相談時期が早く、住む距離が近いほど金額の割合が高い


◎近居・遠居における親のサポート実態から設計要件を探る。

・サポートする親の気持ち:子をサポートする理由の1位は、「仕事と家庭の両立を助けたい」

・サポートを受ける子の気持ち:親に見られたくない場所の1位は、「夫婦の寝室」


2世帯住宅は、奥様のストレスが溜まりやすいとはよく聞く話ですが、最近は「近居ストレス」なんて言葉もあるそうです。

家を建てるほとんどの方が共働き、専業主婦は少ないです。普段、孫の面倒は祖父母が見るご家庭も多いでしょう。

今後家づくりをする中には、「共働き中に孫の面倒を見てもらいやすい間取り」、なんて要望も増えてくるかもしれませんね。

ご参考になればと思います。

人口が少ないですね。

こんにちは。

総務省が、10月末に2015年の国勢調査の結果を公表しましたね。

75歳以上の人口が、15歳未満の人口を上回ったと書いてありました。

64歳以上が15歳未満の人口を上回ったのは、2000年ですが、それから差は開く一方とのこと。

総人口が1億2709万5千人で、

■15歳未満の人口 1588万7千人

■15歳~64歳の人口 7628万9千人

■65歳以上の人口 3346万5千人(うち、75歳以上の人口は1612万6千人)

この数字でわかるように、日本は世界的にも類を見ないような少子高齢化社会を迎えているそうです。


しかし普通に生活していても、あまり実感がないです。毎年、少しづつ少しづつ減ってるからですね。

家づくりをしていても、子供一人のご家庭は少ないと感じます。中津川市という田舎だからでしょうか。

子供2人のご家庭が一番多いと思います。次に3人の家庭。4人の方もみえます。子供部屋を2つ造ったけど、3人目ができちゃったという話はよく聞きます。(都会の方は分かりませんが。)

だから子供が少ないというより、夫婦の数が以前より少ないから、子供が減っていくんでしょうね。


建設会社側からすれば、今後どんどんと家を建てる人が減っていくということです。

もう何年かすると全国的に、潰れる建設会社もたくさん出始めるでしょう。建設会社ばかりが多くても仕方ないですしね。

しかしもし潰れてしまっては、OBさんのメンテもできなくなってしまいます。

だから、腕の良い職人さんを使い、良い家づくりをし、見学会やお引渡しで紹介を促しているのです。

ただ紹介をもらうだけでなく、家の標準グレードも上げたり、国の補助金に仕様を合わせたりと、会社が進化していく必要があります。社員個々の能力の向上もそうですし、ただ家を売るという訳にはいかないのです。

OBさんに紹介をいただくことは、会社を守り、結果的にOBさんを守ることに繋がるのです。

お引渡し

こんにちは。

昨日、T様邸のお引渡しを行いました。

IMG_5795_convert_20161211130357.jpg
12月に見学会をさせていただいたおうちです。

チラシを見て、企画プランのままで作成した家です。

企画プランとは、自由に間取りが変えられないプランのことですが、逆に言えばプランを変える必要のない、よく考えられた良い間取りの家ということです。

色決めは自由にできますので、T様好みの家になりました。

T様は初めから外構は自分でやりたい希望がありましたので、自分でできないコンクリート工事だけをこちらで行いました。

お引き渡し後もご家族で庭を作る楽しみが残っていいですね。

IMG_5818_convert_20161211130418.jpg
お子さんも嬉しそうです。

完成、おめでとうございます。今後も宜しくお願い致します。


暖房機器

こんにちは。

寒い時期に活躍しそうな暖房器具を紹介します。


img_outline01.jpg
トイレ、洗面所、玄関など、ふだん暖房機器を置かない場所に最適です。



mainvisual.jpg
見た目は温かそうですが、結構電気代がかかりそうな感じですが・・・



img_feature04.jpg

センサー付きで節電になります。


img_outline02.jpg
暖房の営業マン曰く、電源入れて2秒で温かくなるそうです。しかも送風機付なので、夏は扇風機としても使えるそうです。

新築時なら問題なく施工できますし、OBさんでも別途電気配線をすれば取付け可能です。


自宅の間取りは動線優先で造ったので、玄関と廊下と洗面所と階段がひとつの空間で、玄関の出入りで結構室内が寒くなるので、試しに洗面所か、2階のホールに取り付けてみようと思います。

また付けたら効果をご報告しますね。

上棟を行いました。

こんにちは。

先日、O様邸の上棟を行いました。

ご実家の隣の建物を解体して、新築します。

O様邸は、ご家族の生活スタイルの違いに合わせて造るおうちで、様々な工夫が施されたおうちです。

上棟当日は、ご主人さんはお仕事で来れないので、お子さんが帰って来るのを待って写真を撮りました。

CIMG1281_convert_20161206184213.jpg
今の時期は暗くなるのが早いので、ぎりぎり撮れました。

見学会は行いませんので、完成時に写真で紹介できたらと思います。

完成が楽しみです。上棟、おめでとうございます。

見学会ありがとうございました。

こんにちは。

12月の見学会が終了しました。T様、お貸しいただきありがとうございました。

とてもおしゃれな家と大変好評でした。

今月はOB様感謝祭を兼ねた見学会でしたので、多くのOBさんにご来場いただき、ありがとうございました。


CIMG1259_convert_20161205203712.jpg
感謝祭仕様の高確率ガラガラの当たる確率は、なんと66%! はずれた方は残念でした。


CIMG1257_convert_20161205203742.jpg
見学会に来場される方々の『心のオアシス』と評判の安保チャンは、土曜日にぎっくり腰となりとても暗い表情となりました。翌日は欠席しました。来年の1/14、1/15に開催される苗木の見学会にて、オアシスがお待ちしています。

今回は久しぶりのOB様方が、数多く来てくれました。今年の締めくくりとしてはふさわしい見学会になりました。ありがとうございました。



さて、12/11に商工ホールにて特別講師をお招きして開催される勉強会ですが、12/9(金)が予約の締め切りです。

詳しくは、ホームページTOPの「勉強会のご案内」か、12月のマイカをご覧ください。

参加希望の方は、お早めにご予約をお願い致します。

上棟を行いました。

こんにちは。

先日、恵那市にてM様邸の上棟を行いました。

天気予報は時々雨でしたが、はずれて雨は降らずで良かったです。

M様は平屋を希望していましたので、広い土地探しから始め、ようやく土地が見つかり購入できました。

建物は平屋の4LKD、ガス仕様です。

見学会は行いませんが、日建で平屋を建てたい方は特別にお見せすることは可能です。



CIMG1254_convert_20161201180935.jpg
平屋なので、いつもより少し早くに上棟が終わりました。完成が待ち遠しいですね。


いつも上棟の時に皆さんに聞かれますが、上棟の時の大工さんへのお祝儀、昼ご飯、休憩時のお茶等は全て不要です。建てる方に余計な負担がかからないようにと、会社で決めています。

上棟は職人の接待が大変だというイメージがあるかもしれませんが、日建では無しにしていますので、これから建てる方はご安心ください。



そして明日・明後日は坂本にて 『完成見学会』 です。たくさんのご来場お待ちしています。