打合せ室

こんにちは。


毎月見学会をさせていただき、その後は多くのお客様に事務所に来ていただいています。

日建建設では、家づくりの打合せは自宅アパートにこちらが出向くことはありません。

日建の事務所に来ていただき、事務所隣にある打合せ室で打合せを行います。

打合せ室には多くのカタログ等が置いてあったり、太鼓判という建てたお客様からのおすすめ文章、職人さんの写真や今まで建てたお家の写真などが壁に貼ってあります。

また、打合せ室内にはキッズスペースがあり、打合せにも集中できます。

なので、アパートに来られるのが嫌で打合せをしない方や、お子さんを親に預けるのが面倒で打合せを遠慮している方がもしみえるなら、大丈夫です。


IMG_1770_convert_20150330200111.jpg
小さなお子さんは女性スタッフが遊んでくれます。
ある程度大きなお子さんは、見たいDVDを持ってきても見れますし、DSなどのゲームも持ってきていただいても大丈夫ですよ。中には宿題をもってきて打合せ中に済ませるお子さんもみえます。

まだ小さい子を子育て中のお母さんからすると、日建での打合せ中だけは子育てから離れられるひとときかもしれませんね。
スポンサーサイト

断熱材についての話

こんにちは!

暖かかったり、寒くなったりですね。

風邪などには気をつけたいです。


今日は断熱材についてです。

日建の標準仕様の断熱材は、グラスウールというものです。

厚さ10cm、密度16kというものです。


なぜグラスウールという断熱について書くかというと、

グラスウールという断熱材は、誤解が多く悪いものと思っている方も多いからです。


ハウスメーカーの展示場に行ったことがある方は聞いたことがあるかもしれませんが、

「グラスウールは内部結露の原因となり、カビが発生する。」

と言われることがあります。



言い方・とらえ方にもよりますが、それは嘘で、大きな誤解があります。

まず、グラスウールは吸水・吸湿性があると言われますが、ありません。

ガラスの繊維状のもので出来ているわけなので、製品自体に吸湿性があるわけないのです。(ガラスは水を吸いません。)

正確に言うと、繊維と繊維の間に空気が含まれていますので、

周囲の空気や湿気が断熱材内に出たり入ったりするだけです。

そのことを勘違いし、グラスウールを使うとカビが生える、と単純に思ってしまう人が多いのです。


では実際カビは生えないのかと言われれば、

「グラスウールを間違った施工をするとカビが生えやすく、正しい施工をすればカビが生えない」

という答えが正解です。


ではグラスウールの正しい施工とはなにか?ですが、

1、断熱材を室外側に詰め込み過ぎない。

2、表裏を逆にしない。

3、断熱材と躯体との間に隙間をつくらない。

4、防湿層を隙間なく施工し、破れは放置しない。

5、防水・透湿シートの重ねを守り正しく施工する。

6、外部に通気層を設ける。


です。

上記の項目で不十分なものがあると、

躯体内に湿気が侵入、外部へ排出されずに内部結露がおこります。


正しい施工をすれば、グラスウールは安価で施工性が良く断熱機能をしっかりと果たします。

また健康的にも良く、安全性については国際ガン研究機関(IARC)でも認められています。

だから日本はもちろんアメリカなど世界中で50年以上(もっとかもしれません)最も多く

使われている断熱材なのです。



グラスウールが悪い断熱材ならばとっくにみんな使わなくなり、

この世から無くなっているはずですよね?


ということはどういうことなのか?

グラスウールを使わない住宅会社の「営業トーク+洗脳」なだけです。


長文になりましたが、これから家を建てる人への豆知識です。

少しでもご参考になれば幸いです。

P1010057_convert_20140127215215.jpg
M様邸のグラスウール施工写真。隙間無しです。

P4230006_convert_20140127215401.jpg
K様邸の防水・透湿シート施工写真。重ねをしっかり取り、破れ等もありません。



※ちなみに、日建はグラスウールは標準仕様なのですが、

ウレタン吹付け断熱その他の断熱工法希望に応じて選べるようにはしています!

土地について

こんにちは。

今回は、土地の探しについてです。

OBさん達の中でも多くの方々は、日建で土地を探しを依頼して土地を見つけて建てた方が多く見えます。

土地を見つける方法としては、

・自分で不動産屋を訪ね、売地を紹介してもらう。
・自分で希望エリアを適当にドライブし、売地の看板を見つけ電話する。
・建設会社に依頼し、売地を探してもらう。
・建設会社に依頼し、その建設会社が所有している土地を売ってもらう。(ほとんどが建築条件付き)

などが主な方法で、一般的です。

しかし、簡単に見つかる場合もあれば、全く無い場合もあります。

希望エリアによってはまったく売地が無いエリアもあります。その場合の解決策として、

・エリアを変える。
・建設会社に依頼し、売地ではない土地をあたってもらう。

ということになります。

建設会社に売地でない土地をあたってもらうというのは、売地として出ていない土地を見つけて地主に直接交渉し、売ってもらう方法です。

そうすれば、売地が無いエリアでも土地が買える可能性があります。

この方法で土地を購入して家を建てた例も少なくはないです。

しかし、この方法は依頼された建設会社は多くの労力を要するため、買う側にもある程度の覚悟が必要です。それは、

・ここで建てようと思っている建設会社に依頼すること。
・土地が出たらよっぽどのことが無い限り、ほぼ購入すること。

です。そうなると簡単には依頼できないので、見学会に通ったり夫婦での話し合いが必要だったりします。

僕も今、2組ほど依頼を受け土地をあたる作業をしています。

以上のような方法もありますので、相談はお気軽にしてみてください!



照明器具選びについて

こんばんは。


今回は、照明器具について簡単にお話しようと思います。

どの照明器具を選んでいいかわからないとのご相談の多いため、参考にしていただけたら幸いです!


まずは、LEDにするべきかどうかですが、5年程前と比べるとLEDが普及してきて、

それど同時に今は金額も下がってきています。

デメリットとしては、金額は少々高めということです。

数年前の安いLEDは、影が多重になるので気分が悪くなったりする場合もあったようですが、今のLEDはほとんど大丈夫です。

また、普及により重いLEDも最近は軽いものが増えてきました。

メリットは、省エネ・長寿命・虫が寄りにくい・などがあり、おすすめです。




次に、電球の色ですが考え出すと迷ってしまう事もあります。

大きくわけて、照明の色は電球色・昼白色の2色です。(昼光色もありますがここでは省きます。)

下の写真のような違いがあります。(自宅の子供部屋の写真です。)

IMG_2586_convert_20140328002143.jpg
電球色です。

暖か味があり、落ち着いた雰囲気になります。

多少の暑苦しさもありますが、部屋全体がオレンジ色になり、

インテリアで置いてある物の色の統一感が出しやすいです。


IMG_2585_convert_20140328002209.jpg
昼白色です。

清潔感があり、置いてある物の色味がはっきりと見えます。

そのため、物が多い場合は雑然とした雰囲気になります。

外の光に近いナチュラルさがあるので、本読みや勉強の部屋に向いています。



写真で見比べてみると、かなりの色の差があるのがわかると思います。

では、部屋ごとにはどのように使い分けるのがいいのでしょうか?



・玄関や廊下:どちらでもOKです。しかし商品は電球色がほとんどです。


・キッチン:昼白色がおすすめです。食材の色がはっきりわかります。汚れもよく分かり、キッチンを清潔に保てます。


・ダイニング:どちらでもOKです。電球色の方が、気持ち、おいしそうに見えます。(細かいようですが、爽やかな朝食には昼白色、雰囲気のほしい夕食には電球色といった感じです。)


・リビング:過ごし方によります。ゆったりとくつろぎたいなら電球色。団欒が中心で家族の顔がはっきり見えるのがいいなら昼白色です。


・トイレ:電球色の商品が多いです。ゆっくりしたいなら電球色。清潔感を出すなら昼白色です。


・洗面所:昼白色がおすすめです。昼白色は自然の色に近いので、顔色を見たりお化粧の色もわかりやすいです。


・子供部屋:昼白色がおすすめです。電球色で雰囲気をよくする必要は無いし、何より昼白色は字を見たり勉強に適しています。


・寝室:寝るだけなら電球色、本をよく読むなら昼白色です。


・ウォークインクローゼット:どちらでもOKですが、収納してあるものが見やすいという点では昼白色がおすすめです。



以上のような事をふまえ、照明器具選びをしてみるといいと思います。

ご夫婦でよく相談して、楽しみながら決めれたらいいですね!

明日明後日は見学会です。

こんにちは。

明日から(21日(土)、22日(日))は、坂本にて完成見学会です。

詳しくは、藤原さんがブログしているので見てみてください。

また、ホームページのトップの「今月の見学会情報」をクリックしてみてください。

日建で家を建てたOBさんが、今月の見学会場のみどころを事前チェックしてくれていますよ。

坪数的には、床面積で32坪で3LDKなので、3人~4人家族では標準的な大きさです。

日建で家づくりをする多くの方が参考にできる間取りではないでしょうか?

僕も今日建物を見てきましたが、内外装が可愛らしいおうちでした。

同じくらいの家族人数の方は是非見て参考にしてください。色んな家を見るのは楽しいですよね。お待ちしています。



最近、ブログの更新を増やしています。良く見てくれている方は気づいているかと思います。

日建建設の皆さんは、ことあるごとに写真をバシャバシャ撮る人たちばかりなので、僕も見習い最近はブログ用に色々撮ることを意識しています。

IMG_1782_convert_20150320202216.jpg
自宅のウッドデッキによく日向ぼっこをしに猫が来るので撮ってみました。
ちなみにこの写真は猫にピントが合ってないですし、外壁に光が当たって主役が目立ってません!

写真はただ撮るだけの人と、色々考えて撮る人では、同じ方向から撮っても違う写真になるなあと、最近思います。

家が完成したらCDでお渡しする建物の写真も、考えながら撮ると良い写真が撮れます。(着工から完成までの工事を写真におさめ、入居後にCDに入れてお渡ししています。)

完成したお客様により良い写真をお渡しするため、徐々に写真撮影がうまくなっていかないといけませんね。

名前を初めて書きました。

こんにちは。

先日、保育園年少の長女が「名前書きたい」と言ったので、見本を書いてあげたらそれを真似して名前を書きました。

初めてにしては上手に書けたと思います。

土日出勤の僕は、他の親よりも子供の成長が早く感じられるのかもしれません。知らない間に成長している感じです。

いつも打合せをしているお客様達のお子さんも、半年~一年と打合せしていると、特に赤ちゃんなどはみるみるうちに成長しているのがわかりますね。



今現在、自宅の子供部屋は3部屋とも空いています。今年小6になる長男ですら、化け物が怖くてまだ一人部屋はいらないとのこと。宿題もリビングでしている始末です。

今打合せ中のお客様にアドバイスするとすれば、新築して最長10年くらいは子供部屋は使わない可能性もあります。

大きくなっても、実は寝るだけの部屋になる可能性もあります。昔と比べると、今の親と子はオープンですからね。

子供が部屋を使うようになるまでの、子供部屋の使い道も考えた方がいいのかもしれませんね。

IMG_1780_convert_20150316202337.jpg

増築工事

こんにちは。

P3100001_convert_20150314191523.jpg
先週から、OBさん宅の増築工事を着工しました。


増築内容は、親御さん用のダイニングとミニキッチン、それと親御さん用の玄関ドアです。

世代が違う家族が同じ屋根の下で暮らしていると、便利な面もありますが、不便な面もあるようです。

そして便利な面よりも、不便な面の方が家族にとって深刻なことが多いですよね。

今回は、その不便さを解決するための増築です。

早く完成して、親と子がお互いに落ち着いた生活ができるといいですね!

思い込みとはこわいですね。

こんにちは。

先日、今工事中のお客様のN様との間に、先日行き違いがありました。

N様の希望でリビング階段にしたのですが、現場に見に来られ「階段がオープンになってないですよ。」と指摘を受けました。

打合せでは、N様の希望は「リビング階段にして、子供が帰ってきたら2階に上がっていくのを見たい。」とのことでしたので、希望通りリビング階段で造作中でした。

ここで意識の違いがあり、僕の思っていたのは、「リビング階段=リビング内にある階段」です。

しかしN様としては、「リビング階段=リビング内にある階段=オープン階段」だったのです。

建築業界では、「リビング階段=オープン階段」ではありません。

しかし、N様が打合せ中に言った「帰ってきた子供が2階へ行くのが見たい」というのは、「子供が階段を上がる姿そのものをリビングから見えるようにしたい」ということだったのです。

平面図に柱が書いてあろうが、壁が書いてあろうが、お客さんは建築のプロではありません。わからなかったのです。

聞いた瞬間少しあわてましたが、まだ発注前だったのでその後大工さんと打合せし、造り替えました。納まりが難しかったです。

通常ですと、造作中の変更は追加金額がかかりますが、今回の場合は「間違いが早い段階で分かった」のと、「造り方の工夫」で追加金額がかからず、オープン階段にすることが出来ました。


P3070033_convert_20150311181846.jpg
後日、階段をN様ご夫婦に見てもらい、イメージ通りで大満足、こういう風にしたかった、とのこと。良かったです。
(階段下は、手前が扉付収納で、奥がピアノ置き場です。)

必要以上に確認は大切ですね。いつもはそんなこと思いませんが、今回は少し勉強になったなと感じました。

資金セミナー

こんにちは。

P3080050_convert_20150309214524.jpg
日曜日は、資金セミナー(お金の話の勉強会)を行いました。

1月に引き続き2月も行いましたが、ご来社いただいたお客様、お疲れ様でした。

さて、家づくりを進めていくにあたって、セミナーに参加した後はどうしたらいいか?と思われる方も多いと思います。

もちろんセミナー後にこちらから声を掛けさせてもらっていますので、OKなら次回から打合せに進む方もみえます。

セミナー後のお客様の動きですが、まだ打合せをしないのであれば、基本的には引き続き見学会に来ていただくのが良いと思います。色んな家を見てください。

そして、ご自分たちのタイミングで、こちらに声をかけてください。

こちらから声を掛けることや、アドバイスをすることはありますが、基本的にタイミングは、お客様自身で決めてくれればいいと思っています。

家づくりの打合せを進めるにあたっては、夫婦や両親とも話をしたり、日建以外の建設会社を見たりと、忙しいと思います。

ゆっくりと考え、自分たちで納得して家づくりを進めてくださいね。

玄関の鍵も多様化しています。

こんにちは。

IMG_2451_convert_20150306205840.jpg
最近、玄関のカギをタッチキーで指定されるお客様が増えています。

タッチキーとは、カギをささなくてもドアのボタンをタッチして開錠するものです。

IMG_1758_convert_20150306205904.jpg
車のキーと同じように、リモコンキーをポケットやカバンに入れておけばいいので、わざわざカギを取り出す必要が無く、特に買い物帰りで荷物いっぱいの場合などにはお勧めです。

ただし電池式なので、1年くらいで電池交換が必要になります。(普通の鍵を持っていれば、電池が切れても大丈夫です。)

僕は去年の年末に電気交換マークが点滅していたにもかかわらず、それを無視したため、夜中に家に入れなくなり、車で一晩過ごしたことがあります。

皆さんもお気を付けください。

注文時の注意点としては、後付けが不可能なので、タッチキーを付けたい方は最初に頼んでください。(どうしても後付したい場合は、ドア本体を交換しなければいけません。)

僕も自宅に付けましたが、とても便利です。おすすめですよ。

環境が変わってきていますね。

こんにちは。


昨日、お休みでしたので、お友達と飛騨の山上湖へ魚釣りに行ってきました。

IMG_1750_convert_20150304204508.jpg
朝の気温はマイナス6℃ですが、風が吹いていたので体感温度はさらに寒いです。

魚釣りは、僕が小学生から始めた趣味です。釣りをしに山上湖へ通い始めた10代の頃は、3月上旬に氷が融けていることはありませんでしたが、やはり温暖化が進んでいるんですね。氷が融けかけています。

寒い中釣りをした甲斐があり、イワナとサツキマスという魚が釣れましたよ。

温暖化も進んでますが、魚も年々釣れなくなっています。これは、全国的にそうらしいです。

IMG_1752_convert_20150304204545.jpg
イワナです。

IMG_1753_convert_20150304204617.jpg
サツキマスです。

イワナも食べるとおいしいですが、サツキマスもおいしく珍しい魚です。

おいしいのですが、魚が減ってきていることもあり、お持ち帰りせず、リリースしてきました。秋に卵を産んでくださいね。


家づくりと関係ない話になってしまいましたが、僕が釣り行っているときは山の中なので携帯が圏外になっていることが多いです。

今回の魚釣り中も、OBさん、業者さん、打合せ中のお客様と連絡をいただきましたが、皆さん理解があり有り難いです。「釣りならいいですよ。」と言ってくれます。

僕の圏外の時は、釣りをしていると思っていただいて間違いないです。

必ず掛けなおしますので、大丈夫です。

陽射し対策

こんにちは。

自宅の完成から1年経ちましたが、新築当初は予算が無くて、外構工事はできませんでした。

しかし、コツコツお金を貯めて少しづつ工事してます。


P2250075_convert_20150302194742.jpg
貯めたお金で「シェード」を取り付けました。夏に向けての陽射し対策です。

LIXILから新しく出た商品ですが、南や西の陽射しが強い方角の窓に取り付けると、すだれのような効果があり、非常にエコです。

また、目隠しの効果もあります。メッシュなので、風も通ります。意外に安いですし。

すだれと違い、メリットとしては収納がラクです。ヒモを引くと、くるくると自動で収納してくれます。

写真だとバルコニー裏(軒裏)に取り付けてますが、直接窓に取り付けるタイプもあります。

やはり夏の強い陽射しは、室外でカットしたほうがエアコンの冷房効率も違ってきます。

エアコンを付ける前に、まずは暑くなる原因を断つことが大切ですね。

ちなみに、自宅にはまだエアコンを取り付けてないのも、シェードを付けた理由です。

今年の夏もエアコン無しでなんとか乗り切れないかな、と考えてます。


住んでて、夏の日差しが強いと感じてるOBさん、検討してみてはいかがでしょうか。