FC2ブログ

旅行に行きました。

こんにちは。

家づくりとあまり関係ないですが、先日社員旅行に行ってきました。

会社で積み立てをして、年1回どこかに行きます。

今回は世界自然遺産の知床です。

日本には世界自然遺産が4つありますが、知床はそのうちの一つだそうです。

知床にはヒグマ・キツネ・シカ・サケ・ドド・ワシ・フクロウ・クジラなどたくさんの生き物がいて、

自然遺産だから自然豊かなのは当然ですが、海や川や山にはゴミなどなく、とても綺麗です。

CIMG4377_convert_20181016154235.jpg
ヒグマ等の動物に対する恐怖も多少ありつつ、歩いて何か所かめぐりました。

IMG_9824_convert_20181016162534.jpg
知床はハードな場所でしたので、観光したい人には向いていない地でした。

訪れる方々も「世界遺産だから」と思いがあってゴミを捨てない、動物にエサを与えない、

等の意識が生まれるのだと思います。

建築職人さんが、「お客様の家だから」といって現場を綺麗にしたりするのと似ています。

何事も意識が大事なんですね。

IMG_9766_convert_20181016154300.jpg

自然は自然のままにしておくことが一番ですので、できることは保全募金くらいです。

いつかゆっくりと再来したい場所でした。
スポンサーサイト

地面の補強

こんにちは。


家が建つには地面が必要です。

その地面が強いかどうかを調査することを「地盤調査」といいます。

地盤調査をした結果、「地盤補強の必要無し」なら、地面に直接家を建てる事ができます。

しかし結果が「地盤補強が必要」となれば、地盤を補強してから家を建てることになります。

当然その分の費用が余分に必要になります。大体60万~80万円程の費用がかかります。


CIMG4232_convert_20181002133300.jpg
地盤改良の様子です。


中津川市・恵那市は全体的には地盤が弱い地区ではありませんが、

調査の結果、地盤補強が必要になることも少なくはありません。


今回土地を購入された方も、地盤調査の結果、地盤補強が必要となりました。

地盤補強の費用が余分にかかるので痛いところですが、

この先の事を考えると、補強により、住むには安心できるので、安心と痛いで気分は複雑ですね。


家を建てる事は、非常に多くの要素が関係してきます。

地盤調査などは、家づくりの通過点、ただの作業にすぎません。

お金、地面、水、電気、法律、人間関係、、、、全てがうまくいって

ようやく家になるのですね。

職人さん達の仕事

こんにちは。

建築現場で働いている職人たちは、家を建てているだけではなく、

雑務的な事もいつも快くやってくれています。

仕事に関係ないし、雑用をしてもお金にはなりませんが、

ここに住む人の為にと、色々とやってくれています。


今日は、お客様の隣人の壁に、蜂が巣を作っていました。

IMG_2053_convert_20180918183400.jpg

職人が見つけて「今日の作業が終わったら駆除して帰ります。」と言うので、

私が、「キイロスズメバチに見えるけど大丈夫?」と言うと、

「まあ、子供が刺されても危ないし。」と危険な駆除を引き受けてくれました。


このような雑用的な事は、家本体には反映されませんが、

お客様の家づくりに貢献した形になりますね。


私はこのような事を普段お客様には特に伝えませんが、

職人たちは現場仕事だけでなく、お客様の為に陰で

色々やってくれているんですという事を、今回書いてみました!

おしゃれに見せる工夫とは

こんにちは。

先日入ったお店で、ジャムやパンなどを売っていたのですが、私はあまりパンを買わないのですが、何も買わないのは気が引けるので、ピザを買いました。

IMG_2048_convert_20180914134459.jpg

そのお店の内観がシンプルで、白い壁が主体で、他は構造用合板(ベニヤ板)のみで天井や棚を作ってありました。

IMG_2047_convert_20180914134519.jpg

なぜおしゃれに見えるかというと、使っている内装色が2色であることです。(白と、木の色)

写真ではいろんな物が置いてあってバランスが取れていますが、物が置いてないと想定して見てみると、たぶん殺風景なはずです。

家づくりをされるほとんどの方は、おしゃれにしたいんだと思います。

おしゃれにしたいから、壁の色を一部変えてみたり、壁をRにしてみたり、色々と考えて検討されます。

でもそれは、カーテンもついていなくて、家具家電や雑貨もまだ置いてない状態でです。

だから、おしゃれにしたければ、新築の段階では極力シンプルにしておく必要があるのです。

新築の段階で色のバランスが取れているとするなら、物を置いたらさらに色が入り、ごちゃごちゃした印象になってしまします。

家の色決めをする際には、あまり色を使いすぎないことも、おしゃれに見せる秘訣です。


このお店はシンプルだけど上手に作ってあるなあと思って見ていたら、デザインは2020年オリンピックの新国立競技場の設計を担当する、隈研吾さんでした。

きっと新国立競技場は、たくさんの木がうまく使われるのでしょうね。


また、高い材料を使えばおしゃれになるわけではないということも、今回再確認できました。

住宅ローンの金利

こんにちは。

住宅ローンを組む際に、皆さんどの銀行で借りるかを検討されます。

個人的意見ですが、お客様に人気があるなあと感じた住宅ローンは、某銀行の35年超長期金利プランです。

人気の理由は、超長期固定なのに金利が低いことです。金利が低くて35年間上がらないのなら、それに越したことは無いからです。

マイナス金利政策をいつまでやるかや、長期国債の金額の影響もあり、今後は金利が上がり始めると思われます。

現に、某銀行の超長期金利は、毎月少しづつ上がり、半年間で0.1%ほど上がってきています。

超長期の金利だけの話をすれば、早く借り入れた方が得ということになります。

より早く借り入れるだけが脳ではありませんが、金利上昇は頭に入れておくと良いと思います。

詳しくは、打ち合わせ時にご相談ください。